まつ毛美容液ルミガン通販※最安値はここ!

 

ルミガンはまつ毛用の育毛剤であり、
ネット通販でも購入できます。

 

最安値はベストケンコーで
1箱2,119円〜で買えます。

 

正規品保証があり、レビューも多数あるので安心できます。

 

   ↓↓↓

 

 

 

 

ルミガンの購入方法は二種類のみ

 

 

今のところ、ルミガンの買い方は二種類しかありません。

 

  • 1:個人輸入代行業者に注文する
  • 2:病院や美容クリニックで買う

 

ルミガンを処方してくれるクリニックもあります。
ですが、場所によっては交通費も多くなるでしょうし、
もちろん診察料金も払わなくてはなりませんよね。

 

ちなみに医者の処方箋が必須ですから、
ドラッグストアや薬局、さらにはAmazonや楽天市場でも取り扱われていません。

 

ですが、個人輸入サイトを使えば、
クリニックや病院に行かずにルミガンを購入することが可能です。
個人輸入代行業者を利用して国外から輸入してくれば、
処方箋なしで本物のルミガンが買えます。

 

 

ルミガンのニセモノについて

 

 

ルミガンは様々なオンラインショップで取り扱われています。
いったいどこで購入すべきなのでしょうか。

 

値段のことも気にするべきでしょうが、
それよりも重要なのはニセモノを掴まないようにするということです。

 

「ルミガンにニセモノなんてあるの?」と思うかもしれませんが、
かなりの人気アイテムですからそれなりにニセモノが流通しているようです。

 

通販サイトでルミガンを買うのであれば、
「正規品」だと書いてあるところで注文しましょう。

 

冒頭で紹介したベストケンコーは
「正規品100パーセント保証」をはっきりと掲げていますので信頼できます。
発送もスムーズですし、送料も0円ですよ。

 

 

ルミガンにジェネリック医薬品はあるの?

 

 

「同じ成分が入っている、値段が安い薬」のことをジェネリック医薬品と呼びます。
違うのは価格と名前だけであり、期待できる効果は一緒です。

 

ルミガンには「ケアプロスト」と呼ばれるジェネリック医薬品があります。
もちろん、成分に差はありません。

 

ルミガンに比べてお得であり、それでいて効能が同じですから、
特にこだわりがないのであれば、ケアプロストでもいいかと思います。

 

 

 

 

ルミガンに副作用はある?

 

 

ルミガンの分類は「医薬品」ですから、ドラッグストアで買えるような美容液とは異なり、
副作用が出る可能性もあります。
詳しく見ていきましょう。

 

 

まぶたの色素沈着

 

「まつ毛付近のメラニン色素の発生を促すことで、毛を濃く太くする」
というのがルミガンによる「まつ毛育成」の仕組みです。

 

ですが、まつ毛の生え際、つまり肌についてもメラニン色素の発生量が多くなるので、
色素沈着(黒ずみ、シミなど)に襲われることもあります。

 

 

目の周囲の毛が多くなる

 

ルミガンが他の場所に付着してしまえば、当然
その場所の毛が増えてしまうかもしれません。気を付けましょう。

 

 

目がかゆくなる・赤くなる

 

ルミガンが目に入ると、赤くなったりかゆくなったりする場合があります。

 

ただ、ルミガンは元々点眼薬であり、緑内障などを改善するために開発されたものです。
そのため、目に入ってもすぐに水で洗い流し、
清潔なタオルで拭けば基本的には問題ありません。

 

 

その他

 

あとはこれらの副作用のリスクも。

 

  • 一時期的に視界がもやもやする(霧視)
  • 黒目の色が変わる(虹彩色調変化)
  • 角膜が少し剥がれる(角膜びらん)

 

ほとんどの副作用はルミガンを使わなくなれば、だんだん改善されていきますが、
虹彩色調変化に関しては、利用しなくなってからも
症状が治らなかったという事例があります。

 

肌や目に副作用が発生して、ルミガンを使わなくなってからも治らないのであれば、迷わず医療機関に行きましょう。

 

 

ルミガンの使用方法

 

 

ここからはルミガンの塗り方を紹介していきます。
適切な方法で使って、副作用のリスクを下げましょう。

 

 

1:ルミガンを塗るための下準備

 

まずは、お化粧をしっかり落としてください。
それから、コンタクトレンズも取ります。

 

 

2:ブラシにルミガンをつける

 

ルミガン1滴を専用のブラシに垂らします。
ちなみに、このブラシのことを「アプリケーター」と言います。

 

 

3:液を上まつ毛の生え際に塗る

 

ブラシを上まつ毛の生え際に塗ります。
できるだけ肌に当たらないように慎重につけてください。
アイラインを引くときの感覚に近いです。

 

 

4:仕上げ

 

綿棒やティッシュで、塗り過ぎたり肌についたりしてしまったルミガンを優しく拭きます。

 

※コンタクトレンズを入れるのはここから最低15分は経過してからにしましょう。

 

 

ルミガンを塗るコツ&安全につけるための注意点

 

 

まずは少なめに

 

最初はやや少なめに液を出して、様子を見ましょう。
慣れてきたら量を微調整します。

 

はじめから多く出してしまうと、
目に入ったり肌についたりする恐れがあります。

 

下まつげにはつけない

 

上まつ毛につけたルミガンは、まばたきの時に下まつげにも染み込みますので、
下まつげにつける必要はありません。

 

むしろ強引に下まつげにつけると、
その近くの肌にルミガンが付着して、次の日くらいにはシミや黒ずみになる可能性が高いです。
そうなると「クマ」に近い見た目になってしまいます。

 

 

以上のように、
使い方を間違えると、シミなどのトラブルが発生するかもしれませんが、
適切に使用すれば、綺麗なまつ毛が手に入るはずですよ。

 

 


TOPへ